マーケティングとは広義的言葉

マーケティングとは広義的言葉

まず、商品とその商品を売っている人あるいは店、会社、ブランドといったものをいかに知ってもらうか、ということが非常に重要となってきます。マーケティングは社会的、あるいは管理的プロセスこそであるという考えですネ。

インターネットを通じたwebマーケティングがここ最近では、今までのマーケティングの手段を抑え、主流になってきています。現代のみならず、はるか昔からコレは、既に確立をしていた思考であり、方針です。

実際のところはマーケティングとは広義的言葉で、かなり広くその意味は捉えられてます。そして、よりその点を効果的として、更に合理的に突き詰めていくのが、いわゆる「マーケティング」とよばれるものです。

ただ、フィリップ・コトラー氏の定義が一般的意味での「マーケティング」という言葉を分かる上では、この上なくわかりやすいかも知れません。どんなふうにすれば顧客の満足度を高くできるのかを考えるのが、マーケティングということですネ。

以前はヒアリングをはじめ、多種多様なアンケートを行い、それを満足度等を集計をして調べていました。何をこれが意味をするのかというと、「顧客満足度」を上げるという点に尽きます。

マーケティングの定義と彼がしたのは、「個人、団体が生み出す製品や創造に対してのニーズ、ウォンツを満たすプロセス」です。どんなふうにいった戦略をあるひとつの商品を売る場合、立てるのか。

単純に商品の魅力が物を売るという事を分析した場合、その購買力となる事は確かですが、それを知らない人はいくら魅力がある商品だとしても、買うことはありません。それらの時間的、あるいは金銭的コストを大幅に短縮させるためにwebマーケティングは生まれたマーケティングなのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ